本日のレッスンより ぱんだクラス 2014.6.17

本日6月17日(火)はぱんだクラスのレッスンがありました。(今日は、ぱんだ前半クラスについて書きます)

え?みんな今日は気分が乗らない??というほど子供たちは皆おとなしい感じでした。しかし、挨拶の歌や握手の歌を歌って、身体活動を始めると、いつもの調子を取り戻したように活発で元気な様子を見せてくれました。

特にこの2回ほど続けてやっている「おやすみ&起きて」はみんながお気に入りの活動です。ゆったりした曲調の「おやすみー♪」でお母さんと一緒にしばらくゴロゴロ抱き合っていると、♪起きて起きて起きて起きて、ご飯だよーご飯だよー♪とトライアングルの音と共に音楽が流れます。朝が来たー!と素早く起きて走ります。 「あー忙しい!!」「忙しいねー!」 (お母さん達も「ハァハァ」) しばらく走ると、また夜に。「おやすみー♪おやすみー♪」の音楽でゴロゴロします。これは、音を聞き分ける力を育てると同時に、お母さんとスキンシップできる時間を作ること、そして、ちょっと頑張って一人で行動してみる機会になっています。 音楽があると、「これしなさい」「あれしなさい」と言わずに、無理なく、かつ楽しく教育的配慮のある対応ができることがあります。音楽の魅力の一つですね!

春の野原をイメージした絵ボードに、雨が降りました。カエルが喜び、カタツムリが出てきました。「あめふり」「かえるの合唱」「あめふりくまのこ」などを歌いました。絵ボードに主人公を貼る作業がとても楽しそうです。

2014-06-17 ぱんだ①

2014-06-17 ぱんだ①-2

↑熊の子に、葉っぱの傘をさしてあげようとしてるHちゃん。Hちゃんのその気持ちを大切にしたいです。きっと熊の子も喜んでるね! 梅雨の時期も、楽しく歌を歌って過ごせるといいですね。次回レッスンの7 /1もまだ梅雨かなぁ。


コメントする

Bookmarks